画像
画像

画像

画像

養蜂プロジェクトの概要

画像 えみふるでは、利用者の地域交流、活動の場として明治大学政治経済学部大森ゼミナールの養蜂活動に参加しています。

蜜源となる自然豊かな地域
えみふるのある千代田区界隈は、皇居や日比谷公園、小石川後楽園、小石川植物園、上野公園、赤坂御用地などの豊かな自然があり、都会の中でもミツバチの蜜源に恵まれた地域です。
この地域性を生かして、2017年~2020年9月まで、千代田区の事業である千代田エコシステム(CES)として養蜂が始まりました。当初日比谷図書文化館の屋上で行われていた養蜂は、明治大学政治経済学部大森ゼミナールに引き継がれ、猿楽町校舎の屋上に移ってきました。

えみふるでも「養蜂を活動として取り入れたい」と活動場所を探していたのですが、偶然にもすぐそばの明治大学校舎で養蜂を行っていることを知り、大森ゼミナールのご厚意で、ボランティアで活動に参加させていただくことになりました。

障害者の社会参加や地域交流の拠点に
2021年6月からは、えみふるもリアン文京(社会福祉法人武蔵野会)と共同で養蜂プロジェクトを開始。明治大学猿楽町校舎屋上に新たに養蜂箱を設置させていただき、大森ゼミナールと協力して活動を行っています。2021年8月には大森教授や学生さんのご理解をいただき、利用者も養蜂に参加することができました。今後も養蜂活動を継続し、地域での交流を深め、活動や体験の輪を広げていきたいと思います。
画像

画像

画像

養蜂プロジェクトの目的

養蜂を通じた地域交流

画像 私たちの養蜂プロジェクトは、当初障害者の社会参加、地域交流を目的として開始しました。

養蜂にはさまざまな可能性があります。ミツバチの世話、採蜜作業、記録、ハチミツの瓶詰作業、パッケージ作成、販売、ミツロウ作り、ハチミツやミツロウを使った商品開発、レクリエーション、イベントなどの活動ができ、障害のある方もない方も、その方の強みを生かした参加の仕方があります。養蜂に参加することで、さまざまな発見があるのです。
2021年の養蜂を通して、大森ゼミナールの学生さんの研究発表がありましたが、地域の自然や経済活動との関わりを学ぶことができ、私達も共に学ぶ機会となりました。

将来は障害のあるなしに関わらず、養蜂を通した地域交流で、地域コミュニティの活性化に貢献したいと考えています。

2021年度の活動の様子

新しい養蜂箱の設置(2021年6月)

2021年6月13日、明治大学神田猿楽町校舎に新しい養蜂箱を設置しました。
画像
新しいミツバチが入った養蜂箱がやってきました!養蜂家の藤原誠一郎さんの指導のもと、養蜂箱を設置します。
画像
設置場所まで安全に運びます。
画像
明治大学猿楽町校舎屋上で飼育環境を整えます。
画像
左がリアン文京、右がえみふるの養蜂箱です。
画像
いよいよ、巣箱の入り口をオープン! ミツバチが出てくるのを見守ります。

内検作業

ミツバチの健康状態を確認し、病気や寄生虫などを防ぎます。水や餌なども補給し飼育環境を調整します。ハチミツを作る働きバチが増えるよう、巣箱ごとに女王バチを管理し、順調な産卵を促します。
画像
安全な巣枠の扱い方の指導を受けています。
画像
女王バチがいるかどうか、ミツバチの健康状態や、ハチミツが採れるかどうかなどを確認します。
画像
明治大学の学生さんと共に、えみふるやリアン文京の職員が内検に参加。
画像
ミツバチは仲間と協力して生活する社会性のある生物です。
画像
ミツバチからは人間と自然環境のつながりを学ぶことができます。

採蜜作業

巣箱から、ハチミツを抽出します。2名の利用者も参加しました!
画像
学生さんと、利用者さんが交流することができました。
画像
遠心分離機で巣枠からハチミツを抽出します。
画像
不純物を取り除きます。
画像
利用者さんも採蜜に挑戦!
画像
採れたてのハチミツの試食。甘くておいしい!
画像
活動終了後に作ったハチミツレモンで笑顔になりました。
画像
採れたてのハチミツ。
画像
ハチミツは採る日によって、色や味、香りの違いを楽しめます。(百花蜜なので、季節により蜜源の植物が異なります)
画像
瓶詰は衛生に配慮した環境で行います。
画像
瓶は煮沸消毒します。
画像
フレッシュなハチミツはそのままが一番おいしい!

緑化作業

大森教授の指導の下、いちごや野菜などの蜜源植物を植え、養蜂箱のある屋上の緑化作業も行いました。
画像
屋上緑化はヒートアイランド対策にもつながります。
画像
肥料ができるコンポストも作ります。
画像
この日はブロッコリー、パクチー、青梗菜などを植えました。

ミツロウ・キャンドル作り

画像
使用後の巣穴部分を削り落とします。
画像
お湯で煮溶かし、麻袋でこして不純物を除去。この作業を繰り返し、ミツロウが分離するのを待ちます。
画像
ミツロウのかたまりができました。
画像
抽出したミツロウ。とても硬いです。
画像
常温で切るのは大変。
画像
加熱し、溶かしてから型に流します。
画像
大森ゼミの学生さん、大森教授との共同作業。
画像
無添加なのでナチュラルな色合いです。
画像
ミツロウ100%のキャンドルが完成。

養蜂箱の移送、次のシーズンへ

11月、採蜜シーズンが終わりました。ミツバチを襲うスズメバチが増えること、越冬管理が難しいことから、次の春までOmeFarmの養蜂家に預けることになりました。
画像
ミツロウのキャンドルに灯をともして、今年度の養蜂プロジェクトの終了セレモニー。
画像
紙コップでランタンに。
画像
3月から始まった養蜂も、一旦お休みです。シーズン中、明治大学の大森教授、学生さん、養蜂家の藤原さんには大変お世話になりました。
画像
ミツバチが巣箱に戻る夕方、養蜂箱を封函し移送します。
画像
大森ゼミナールの皆さん、リアン文京、えみふるの職員で養蜂家の藤原誠一郎さんを送り出しました。
画像
旅立つミツバチたち。

番外編

越冬中のミツバチのいる、Ome Farmへ行って来ました!
画像
OmeFarmにはたくさん養蜂箱がありました。
画像
竹の生い茂る敷地内。
画像
えみふるの養蜂箱も、もみ殻の断熱材で保温中。
画像

画像
ミツバチたち、元気かな?
画像
動きはゆっくりですが、元気です!
画像
越冬しながら、新しいミツバチも生まれています。
画像
OmeFarmのケール畑の植栽を体験。
2022年3月、神田猿楽町校舎の屋上に、またミツバチたちが戻ってきます。
第2シーズンが始まるのをお楽しみに!

お知らせ

養蜂プロジェクトのはちみつが
商品化されました! (2022.7.15更新)

画像 新商品「和花」(のどか)
地域のつながりから生まれたはちみつです


今年度採れたはちみつを、無添加、非加熱で瓶に詰めました。

明治大学の大森ゼミナールにご協力いただき、地域のつながりから生まれたはちみつ。
千代田区周辺の豊かな自然の中で咲く花をぎゅっと凝縮した
風味豊かなはちみつです。

この蜂蜜を通して障害がある方もない方も皆が笑顔になり
「和」の「花」が咲きますようにとの願いを込め、
商品名を「和花」(のどか)と名付けました。

今年度はえみふるの利用者の方、ボランティアの方、多くの方が養蜂に参加されました

採れたはちみつは、千代田区の障害者就労支援施設「ジョブ・サポート・プラザちよだ」で瓶詰め作業を行い、ラベル貼りを行っています。

【購入方法】
パン販売の際や、えみふる1階窓口で購入することができますので、お問合せください。
1瓶 150g 価格1,500円(税込) となります。
※採蜜の日によって、蜜の色が異なりますので、ご了承ください。また、無添加のため上面に白い発酵成分が浮くことがあります。

【養蜂体験】
千代田区在住の方の養蜂体験も受け付けております。
参加ご希望の方はお問合せください。(人数が多い時は、障害をお持ちの方を優先させていただく場合があります)
画像
TOPへ戻る